上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛さえあれば~、会話文です。短いです。
このシリーズで書き溜めた分はこれで最後ですね。
お付き合いありがとうございましたv

実はこれたち↓は、あまりに内容がアレだなーと思いまして、「もういっそ別サイトに上げるか」と、準備として一応製作中ではあります。
苦情等がなければこちらで引き続き掲載させて貰いたいなーと考えていますが。はてさて。(何も反応がないならないで、悲しいものがありますがww)

いやもう愚痴ってすいませんでした。(その節は本当にありがとうございましたーvv)お陰様ですっきり致しましたv 次の休みは素敵な方々のところへお邪魔しまくって、暑苦しい愛を叫びたいと思います!(はっきり迷惑です


「ミセン様……っ! もう私耐えられそうにありません……!!」
「あぁ、泣かないで下さい愛しい人。私の心変わりではないのです、あなたが私を置いて行くのです。……あの青年に心惹かれているのでしょう? 私では叶えて差し上げられなかった夢を、彼ならばきっと掴んで見せることでしょう……」
「うっ……、ごめんなさい、ミセン様……!」

「ふぅ、これで今月も適正に処理が終わりましたね。流石はこの私、ミセンです♪」
「(じぃーーっ)」
「むっ! こらこら、一体どこの娘さんかな? ここは私の私室の一つです。誰もが気軽に入れる場所ではありませんよ」
「……今の女の人で、3人目だったよ?」
「……え"、ずっとここにいらっしゃったので?」
「うん! おじさんすごいね! きれいな人ばっかりだった!」
「…えぇ、いや、……まぁ」
「おじさん、すごーい! モテモテだねー!」
「ふっ、罪な男とは正しくこの私のことですねぇ。エーッヘッヘッヘ」
「あはははは! エーッヘッヘッヘッ!」
「おや、お上手ですね。エーッヘッヘッヘ!」
「「エーッヘッヘッヘッ!!」」

「トンマン、どこ行ってたんだ? ……どうした? 何か面白いものでも見つけたか?」
「うん! すっごく面白かったよ! エーッヘッヘッヘ!」
「その笑い方どこで習った!!?」



ミセンさん大好きだー(笑
管理人だけが楽しくてすいません。お粗末様でしたーv
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://migime1818.blog24.fc2.com/tb.php/79-6153c5e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。