上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とっとと服を換金して市井のモノに替え、追手を巻き母の目が届かないであろう辺境まで足を伸ばしたピダム。星が照らす砂漠をざくざく歩いていると小汚いガキと目が合いおもむろに鞘に手を掛ける。「動くな」腰を抜かしへたり込む子供。ピダムはその足元に容赦なく刃を突き刺した。
見詰め合う二人。音のない間隙。その間をさらさらと砂が零れてゆく。
「あっ、ありがとう…」
ピダムはほんの少し目を見開いた。気づいていたのか。深々と突かれた蛇は、その頭を砕かれて絶命していた。
「礼なら要らん。代わりに飯が旨い宿を案内してくれ」
「…! それならウチに来なよ!」
怯えていた身体は兎のように跳ね、ピダムの袖をぐいぐいと引いてゆく。
「俺とここで会うなんて運がいいよ、お兄さん。この辺りはさ、地元の人間でも道に迷いやすいんだ」
適当に相槌を打ちながら、ペラペラと軽快に動く口と足をピダムは興味深げに見ていた。この声は嫌いじゃない。コロコロと変わる顔も面白い。それなりに疲れていたはずなのに、宿に着くまでそう時間は掛からなかったように思えた。


こんな感じの出会いですv
ピダムは完全にトンマンを男の子だと思ってますww
その後、ソファを高名な医者に診てもらう条件でトンマン宮殿に赴きます。

「はぁ!? なんで俺が!? ピダムならどんな女だって楽勝だろ」
「男でも女でも、俺が欲しいと思った人間はお前だけだ。どんな者でも、たとえお前によく似た女を用意しても絶対に無理だ。俺は何も感じない」
「あっ、アンタは俺みたいな男が好きだって云うのかよ!?」
「一度で理解しろと云うのもお前には難しい話だろうな」
「馬鹿にしてんじゃねぇ!」
「その馬鹿が欲しいんだと、俺は言ってるんだがな」
「なっ…! 何言っ…!!」
「お前は? 少しの好意も無い? 俺を欲しいとは思ってくれないのか…?」

宮殿育ちなので、こういうところはストレートに伝える素直さがピダムくんにはあると思うのですーvv
そんでトンマンもトンマンで「欲しいとかそんなのわかるわけないだろ!」って真っ赤になって反論してわかりやすく(´・ω・`)なったピダムに、「でも嫌いじゃない、けど…」って存分にツンデレて欲しいー!!!


って長い前置きだなオイ!
続きからは大変お待たせしております(_ _;)
嬉しい拍手コメントお礼お返事でございますー!!
げんさんー!ごめんなさい長くなっちゃいましたので、また後日に…💦本当にごめんなさい!!
▼りりり5様
こんばんは!はい、お久しぶりですね。お元気でしたか?
去年…本当に振り返ると一年ってあっという間ですね。
>素敵なトン&ピの世界
を、きょ、去年も再現できたか自信はいつもありませんが、このふたりのイチャイチャ妄想だけはリアルにめくりめく脳内再現できておりますので、今年もなんとかりりり5様に少しでも楽しんで頂けたら嬉しいなーって思いますv
>豆トン
実はまだ核の部分、「別離」のときを書けていないんですよね…。一度形にしてしまうと取り返しのつかない大事なところですので、頭抱えながら最終形を目指しております。
豆トンかわいいって言ってくださって嬉しいですvv
ありがとうございます。マイペースで更新させて頂きますねv
今年もどうぞよろしくお願いします!


▼ほっちさん
またまたこんばんは!いや~、前回駆け足お礼ご挨拶で申し訳ありませんでした💦
去年は「ほっちさん、ひょっこり顔を出してくださらないかしら…」って思いつつ更新してましたw
そしたら( ノ゚Д゚)ヨッ!って感じでホントにほっちさん来てくださるから、あぁ~書いてよかったvって小躍りしちゃってましたww
こちらこそ、ほっちさんのおかげで楽しく嬉しく過ごさせて貰いました!豆トンを愛してくださって嬉しいですーvまだ書きたいお話はあるので、見てくださると嬉しいですvv
ほっちさんとほっちさんの大切な方々が今年も良い一年になりますようにー!!



▼mukugeさん
遅くなりましたごめんなさいmukugeさんっ!!
お言葉に甘えてゆっくりさせて貰っておりました。放っといたらいくらでも寝ちゃえる自分にビックリです…。
私の方こそ、mukugeさんの熱い記事にあっためて貰ってます!「あぁ~そうそう、こんなこともあったよね。うう、トンマン……」ってほろりと胸熱に。またUPされる画像がどれもいいシーンばかりで…。(あ、1月のかわいい子トンマンカレンダー頂きましたーv←事後報告
>豆トン納め
わぁわぁ読んでくださってありがとうございます!ピダムをからかうスンマンが意外と気に入ってしまって、これからもちょくちょく出て貰う予定ですw束縛云々って話になったとき、「自覚がないってのが一番厄介なんですよね……」ってぼそりと呟いて空気を凍らせて欲しいですね。
>好きな女のことに関しては臆病になる
そうなんです。あの唯我独尊なピダムがってところがまたwwわぁmukugeさんのツボ押しちゃったv
そのぶん「あなたが私を束縛してるのか、私があなたを束縛してるのか…。ねぇ、ピダムはどっちだと思う?」ってトンマンにガンガン迫って貰いますから!空気くらい簡単に溶けちゃいますv
ヾノ≧∀≦)イエイエ!!私の方こそ、熱いヨウォンさん語りに加えてください!傍で(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン黙ってこうしてますから
遅れ馳せながらmukugeさん、どうぞ本年もよろしくお願い致しますー!




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://migime1818.blog24.fc2.com/tb.php/395-457d0281
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。