上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー毎日寒いですね。皆さま風邪など引いていませんか?

…って放置してしまってすみませんー!
やっと母が退院してくれました。遠い病院だったので、運転苦手な私はそれだけで(ヽ´ω`)でした…
それでなくても仕事は年末年始ぶっ通しで、それだけで正直イライラしてしまっていかんなーと余裕のなさ加減にまた凹んでましたw

そんなささくれだった中で、げんさんのコメントありがたかったです。
乗り切れ自分…!って励まされました(゚´ω`゚)
そして狙って来てくださったmオンニさん、実はクリスマスにUPしたかったんですよー!
豆トンで甘いのー(>_<)
お二人には改めてお礼を…!


今回はそれとは別なのですが、豆とん小話をUP致しますー。
よく聞くセリフですが、ホント一年早いですね。細々とですがこうして続けられるのも、温かく見守ってくださる方々のお陰です。本当にありがとうございます!

今年もお付き合い頂き、とっても嬉しく思います。
皆さま良いお年をお迎えくださいませー(*´ェ`)ノ


***


ピダムの視力は良い。幼い頃から眼鏡というものに無縁であった。
その彼がここのところ、銀縁のそれを掛けているのには理由がある。といっても、大したものではない。「童顔対策」と「女避け」だ。
だが前者はそれはそれで相手の隙を生むという利点を、ピダムは上手く利用した。
とすれば後者のそれが主となる訳だが、果たして効果の有無は--(キャー! ピダム専務ー!!)というミュート仕様になった黄色い声は変わらない辺りを見ると--無かったと言わざるを得まい。

「地味で顔が隠れる眼鏡を買ってこい…!」

サンタクが震えながら差し出した黒縁眼鏡に頷いたピダムであったが、(キャー! そのフレームもとってもお似合いですー!!)という秋波に膝を着きたくなった。
向けられる男性社員からの嫉妬に、「好きでこんな顔に産まれたんじゃねぇ!」と喉元まで出掛かったが懸命に抑えた。無駄に敵を作るなど、下の下である。


さてそんなある日、ピダムはできたての恋人がこちらへ向かっているとの情報を入手した。
速攻で連れ帰り閉じ込めて一部の隙もなく抱きしめて心ゆくまでトンマンを求めまた彼女に求められて朝の来ない夜の中で永遠に傍に居たい--という湧き上がるストレートな衝動を笑顔の裏に確りと潜ませ、ピダムはあくまでクールに淡々と仕事をこなしてゆく。--のは彼の主観で、他の社員たちは刻一刻と据わってくるピダムの目と目を合わせられなくなっていた。

「…スンマン、疑いたくはないんだが、俺はガセネタに踊らされたのか?」

口元は微笑みの形を作っているが、背後には吹雪が走っている。

「あぁ、トンマンちゃんなら帰られましたよ。こちらが預かった書類です」
「…は?」

もう用は無いと踵を返そうとするスンマンの肩を、ピダムはその視線のみで捕まえた。無言で「他に何もなかったのか」と問うている。すぐにでも逃げ出したくなるようなその鋭い眼差しを、「伝言を引き受けただけの私に八つ当たりは止めて頂けませんか」とスンマンはさらりと釘を差す。
端から見れば高圧的で威圧的な態度でも、スンマンにかかれば拗ねている子どものそれである。
彼女はこれみよがしに嘆息した。

「ま、口止めされたわけではありませんし、ありのままをお伝えしてもいいでしょう。本日トンマンちゃんがすぐにご帰宅された理由はですね、『専務をこれ以上見ていられなかった』からです」
「見て、いられない…!?」
「専務は本当にトンマンちゃんが絡むと、面白いほどネガティブ全開ですね。想像されてることとは違いますよ」

それは今日のようにお使いを頼まれたトンマンに、ピダムを呼び出すかとスンマンが尋ねたことが始まりだったらしい。
その時は仕事を邪魔したくない等々の一般的な返答だったが、(いつの間にか)仲良くなったスンマンにトンマンはぽろりと漏らしたそうだ。

「実は、お仕事してるピダムが見たかったんだけど…」

至極どうでもいい口調でスンマンは続けた。

「なんでも真剣にお仕事に向き合ってるそのお顔が、とーっても新鮮だったそうで。オマケに今掛けてらっしゃるその眼鏡もここで初めて見たといたくお気に召したらしく、専務が女子社員からよく頂くフレーズを呟いておられましたよ……って、専務、ニヤつくなら中途半端に我慢しないで全力で我慢してください。大変気持ち悪いですのですが」

後半部分はピダムの中で既に割愛されている。
本日の業務がこの上なく前進したのは言うまでもなかった。


無題
オールバックからの、この前髪下ろしはギャップがすごいと思うの…
images.jpg
こんな子がお使いに来てくれたらまず「お仕事大変だね^^」って労をねぎらってすかさずお茶出して出来うる限り引き伸ばすね!

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://migime1818.blog24.fc2.com/tb.php/391-28df8933
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。