上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCで見てくださる方限定になるのですが、「黒の花郎の左手を枕に眠る公主さま」だったらいいなv…と妄想しながら作ってみました。
寝ても覚めてもいつでもピダムと一緒だよ!20日までに仕上げたかったことは内緒だよ!


昨日から頂いたコメントお返事を書いてたのですが、やっぱり長くなりそうです。すみません頭回ってないです(ノω=`)
……なもので、ネタ帳に残ってました現代設定トンピをこそっと投下します。
mオンニさん、豆トンじゃなくてごめんなさい(>_<)<それに会話文だけなんです)




【first impression】
留学とは名ばかりの放浪から帰ってきたピダムに一気に色めき立つ外野。わかりやすい富と権力以上に、彼の持つ容貌に惹かれないなんて女じゃない!メイドから奥方にだってなれないことはないのよー!とヾ(*´∀`*)ノキャッキャいたところ、首を傾げる者が一人。
「ちょっとトンマン! 彼の魅力がわからないなんて言わないわよねぇ」
「……、うぅ…」
「まぁまぁ、トンマンはまだお子さまなのよ」
「そうですね…。多分ですが、この先もピダムさまのイメージは変わらないと思います」
「えー? なになにぃ?」
「それは、不敬になりますので」
「もうそれ言っちゃってることと同じじゃない! 吐き出してすっきりしなさいよぉ」
「うちらだけしか居ないんだし、告げ口なんてしないわよv」
「……では言わせて頂きますと、その、……色々と面倒くさそうな方だろうと…、できれば関わりたくないなって思いました…」
上がる笑い声の傍で「この邸だけでメイドだけでも何十人いると思ってるの」「心配しなくても、ピダムさまとすれ違うことすらないわよぉ」と背中を叩かれ、それもそうかと肩の力を抜くトンマン。

【quick step】
「ピダムさまのお付きー!?」色めき立つのも想定内だとメイド長は小さく咳払いしたあと、「人選は終えてます」挙がった名に、本人さえも( Д ) ゚ ゚ なってる最中、「噂話もせず、ピダムさまに一切の興味を持ってない」と言われて納得。羨ま視線に「だったら代わってくれ」と喉まで出るトンマン。未熟だなんだと固辞しようとしたところ、偶然通り掛かったミセンに説き伏せられた。「此処にはお仕事をしに来てるんだ! どんな任務でも全うして、母さんの手術費を稼ぐぞー!」心を奮起させ、いざ初顔合わせへ!

【direct attack】
「あれ? 思ったほど甘くないなぁ」
「なっ! 今ご自分が何をなさったか、ご理解されてらっしゃるんですか!?」
「霊長類ヒト科女性右太腿大腿部への触診……、ではなく味見かな?」
「味見!? あぁもう18にもなって、いったい何をお考えなんですか」
「え? ちゃんと断っただろ? 甘そうだなって訊いたら『どうぞ』って言ってくれたじゃないか」
「目の前に食べ物があれば、誰だってそちらを指してると思います!」
「へぇ、枠に囚われた発想するなんて、トンマンにしちゃ珍しいなぁ」
「こういう時だけ、ご自分がやったことをすました顔して棚に上げないでくださいってば……もっ、近づきすぎです! ちょ、手っ、どうして手を腰に回そうとなさってるんですか!」
「なぁ、トンマン。俺が思うに、ここら辺だと予想通りの味がすると思うんよなぁー」
「そう言いながら裾を捲ろうとなさらないでください! ピダムさ…、何を……っ!?」
「こら、足バタバタさせない。いい子だから、大人しく俺の言うこと聞きなさい」
「止めてください変なことに興味を持たないでください私を実験台にしないでくださ……って、少しは私の話を聞いてくださってるんですか!?」
「聞いてるってば。だから言ったろ? ただの味見だって。トーンマン、そんなに騒ぐと近所迷惑になるよー」
「こんなだだっ広いお屋敷で何言ってるんですか! そもそもそんな常識があるなら、ちょっとはマシな思考回路に…って、……ひやぁ!」
「うん、ほっぺたはなんとなく甘かった。あ、心配しなくても、後でこっちも確かめてやるよ」
「心配してません、頼んでません、結構です!」
「結構ってことは、重畳ってことか。じゃぁ期待に応えてやらないとな」
「わかってらしてるくせにどうして言葉尻だけ捉えるんですか!? いいですか、これ以上私に近づかないでくださいませ!」
「へぇ……? そんな目でそんなことを言うと、味見だけじゃ済まなくなりそうなんだけど」
「やだもうミセンさまの嘘つきー! ピダムさまのどこが女嫌いなんですかーー!!」


今回はこんな感じ…?
tumblr_lwcwtujy7P1r8t6dlo1_r1_500.jpg
花男に出てきても、何の違和感もないね!


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://migime1818.blog24.fc2.com/tb.php/380-33f7a3b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。