上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お返事ご無用と、お気遣い頂きましたが……。
匿名さまへ。

親愛なる、匿名Hさまへ。

すみません、少し長くなるかもしれません。
何度も思ったはずなのに私も匿名さまと同じく、あのときこうしたら、もっとこうすれば……と後悔を繰り返してしまいました。
あの、とても素敵な女性のお人柄に触れた方は、皆そう思われているのではないかと思います。

前回のSS、「想いを交わし~」の一文に私の想いをぶつけました。
私はこのドラマを切っ掛けに、大切だと思える方々と出逢い、喜びを分かち合うことができました。
喜びと同じように、哀しみも分かち合いたかったのです。
匿名さまの涙が私の哀しみと溶けて、見ようとしなかったものが見えてきた気がします。

ですから、ひとつだけ約束して欲しいことがあるんです。
お願いします。声を聞かせてください。
この画面の向こうにいるのだと教えて欲しいんです。

私も心が落ち着くまで、いえ、もう当分、お話を書くことは無理だろうって思っていました。
でも、いつだって「楽しみにしています(>w<)」と仰ってくださったメッセージを思い出して、これじゃ怒られるなって思えるようになりました。
やー、前回も今回も泣きながら書いてるなーって、あー、こんなの書いちゃったけど読んでくれるかなーって、少しだけ笑うことができました。

でもですね、今こうして少しだけ穏やかになった気持ちで振り返られるのは、頂いたお言葉があったおかげなんですよ。
mukugeさんも、全然迷惑だと思ってらっしゃらないと思います。本当に、間違いなく力になりますから。
いつもあたたかいお言葉で私たちを励ましてくださったように、匿名さまが送ってくださるお言葉をとても、とてもありがたいなーって思っています。

SxYR2uV2PFiK7Ct1362496682_1362496722.jpg




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://migime1818.blog24.fc2.com/tb.php/291-36b29611
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。