上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんはー。すっかり秋めいてきましたねー。皆さま風邪など召されてないですか?
夏の流れで髪を乾かさずに寝て風邪薬にお世話になったりしてませんか?……いやー、あきさんに「ご自愛くださいねv」って言っておきながら早速これですよ。

そして更新が途絶えててすみません…!
その間にも足を運んでくださって、ありがとうございます(゚´ω`゚)
私の予定としては「御嬢様」を終わらせてから、豆トンにいきたかったのですが……。
すみません!書き直してたらまた長くなりそうな予感に自分で引いてます(_ _;)
ポジョン出したら「お前は認めない」とか勝手に言い出すし、ラストは決まってるのに寄り道しすぎです。……こうして覗いてくださってるのに、ちゃっちゃかお届けできず、ホントすみません……。

続きからは豆トンです。りばさんに「なんか照れる」と言わしめた(笑)ミニ劇場です。
うさこ様、お待たせした上にこんな短くてすみません(><)

imagesCAANE0FW.jpg
あきさん、ゆっくり休まれてくださいねーv


imagesCATT7X88.jpg
「トンマン、遅いなー……」

夕食のお誘いに来たピダムさん。
驚かせたくて急に来たのですが、彼女はすぐに奥へと引っ込んでしまいました。
気取った場所に行くわけでなし、服なんて着てればなんだっていいとさえ彼は思ってます。

「来てくれて嬉しいわ本当よありがとうでもねせめて5分前にお知らせしてよピダムのバカぁ!」

ノンブレスでした。さすがはトンマンです。

服にメイク、アクセサリーに靴。
そんなものは彼にとっては、なんだっていいのです。
むしろこのまま、彼女と一緒にずっと部屋に閉じこもっていたいくらいなのです。
でもそれは嘘であり、本当のことです。

「トンマン、まだー?」
「もうちょっとー!」
「何着たって一緒なんだから、気にしなくていいよ」
「ちょっとそれどういう意味!?」

大きく勘違いしたであろう思考に、苦笑を一つ。
あの成長したレディーはしかし、己の外見がどう変わったのかは、さっぱり理解してくれません。

--私、もう子供じゃないってわかってる……?

勿論わかっています。
子供じゃないから、困るのです。
でも--またそこも彼女らしいと、ピダムは小さく笑いました。

【シンデレラは支度中】

(別に何着たって、俺はお前しか見えてないのにな)

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://migime1818.blog24.fc2.com/tb.php/180-21ef2605
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。