上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出遅れた感満載ですが、ヨウォンさんが無事にご出産を終えられたとお聞きしてとっても嬉しいですー!!!
796F6617-B7D4-409B-A6F1-C6F66CE564EC.jpg
うわぁぁん母子ともにご無事で本当によかった…(゚´ω`゚)
ほっちさん、ありがとうございます!

最近は更新がなくて本当にすみません。豆トンも佳境となる部分、頭の中ではできているのですが…。
なかなか時間が取れないうえに遅筆でして、待ってくださってる方には申し訳ないです。どうしても大人表現が入ってしまうとこでもあり、がっつり入り込んで仕上げる予です。


4oqwh3RglODVRRr1432567044_1432567128.png
「……どうしてここに鬼の面」
「あぁそれ、あなたを待ってる間、それで遊んでたの」
「これでか?」
「うん。これがルールだって持ってきてたみたいでね、さっきまでそれ被って隠れ鬼してたの」
そうして「してたのー」という舌っ足らずの合唱。
ぴょんぴょん跳ねる身体をそのままに、母を背にした子どもたちは父へと無言でサムズアップ。
よくやったとばかりに頷いた彼は、小さな頭を順に撫でゆく。その父子の姿に母である女性の笑みが増々深くなる。
だが彼女は知らない。
その面のおかげで軟派な男たちから声を掛けられなかったことを。
その面を意図を持って用意したのが、この愛らしい子どもたちであったということを。
そして我が子皆がみな、目的を達成した素晴らしいドヤ顔をしていたことを。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。