上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うわぁぁん地震こわいーーー💦💦💦
うううそんな心細いときにすんごい励まされるメールが…!
りばさん、ほっちさん、げんさん、ありがとうございます!六花は無事です、ありがとうございます(´;ω;`)

>りばさん、私あの携帯の速報に一々ビクついてます。めためた心臓に悪いですよね…(><)りばさんも大丈夫でしたか?そちらも余震が少ないといいのですが…💦
>ほっちさん、ついさっき余震来てすんごくビックリしました。幸い小さな揺れですぐ収まり、ひとまずホッとしていますε-(´∀`*)お返事無用との心遣い感謝です💕
>げんさんんん、おかげで母も落ち着いて寝てくれました💦本棚があるので落ちてこないよう移動したりして、日頃からの備えって大事なんだなって心底思いました…!

メールめためたうれしかったです。心細さが落ち着きました…(゚´ω`゚)
スポンサーサイト
153j.jpg
あなただけ見つめてる
出会った日から 今でもずっと

915.jpg
あなたさえそばにいれば他に何もいらない

って歌詞が自然に浮かんできました。懐かしい…
そんでね、
『あなただけ見つめてる。昔みたいに笑わなくなった』
『あなただけ見つめてる。そして他に誰もいなくなった』
をトンピで深読みするとゾクゾクしました。
昔のように、昔見た顔でもう笑わなくなった。ならば俺が、再びその美しいかんばせにあの笑みを取り返して差し上げます。…とかね、あのダークなお顔のピダムで妄想するとね…!

いやいやこの年の瀬にトンピ熱を再確認しました。
今年ほとんど投稿できなくてトンピSSも書けなくて失礼いたしました。書いてもすぐ集中力が途切れてしまいがちで…。
こんな放置ブログに訪問してくださって有り難いやら申し訳ないやらです。
書き溜めてるものが完成しましたら、すぐにUPさせてもらいますねー!

今年もあと2時間を残すのみとなりましたね。
皆さまの励ましがあってなんとかこのブログを続けさせてもらってます。感謝、感謝です。
ありがとうございました。良いお年をお迎えくださいませ(*´∀`*)


mukugeさんおっかえんなさーい。コメントありがとうございますv(>ω<)
後日、あけおめに参上いたしますねー!

げんさん、ほっちさん、コメントありがとうございますー!!!
私の方こそお世話になった記憶しかありませんよーー💦💦💦
個別のお返事はまた後ほどさせて頂きますね!すんごく嬉しかったので、お礼を先に言わせてくださいv

改めましてこんばんは、六花です。
あああもう本当にご無沙汰しておりますね。す、すみませ…!
いつの間にか、もう季節はすっかり冬になりましたね。体調は崩してないですか?私は積極的にお薬に頼ってます。自分自然治癒なんで!と突き進んできたのですが、飲んだ翌日に痛みが消えて「お薬さんすごい…///」ってやられました。
体調が持ち直せばこっちのものです。冷たい風に「これで暖を取れというのか?」繊手を手のひらと頬に挟んでキャッキャしてるトンピを妄想し、降り積もってゆく白に互いの幾年を重ね「ご安心を…。誰の目も、今はこの雪が覆い尽くしております」と篝火が揺れる闇夜的なトンピを妄想して、これからの連勤を乗り切りますよ。お薬さんより即効性あるよ!処方箋ください!

年末年始、お忙しくされてる方もたくさんいらっしゃると思います。
皆さまも風邪などお召しにならないよう、あったかくしてご自愛くださいませv


>>>

じわりと視界が涙に歪む。
それはずっと待っていた言葉で、願っていた言葉で、そして、何よりも聞きたくない言葉だった。
思わず狼狽えてしまった私を尻目に、目の前の男はもう一度告げる。
あなたの答えはわかっているのだと、見詰める黒い眼が悠然と語っている。
言葉にならない声が涙になり、幾筋も落ちてゆく。
伸ばされる手を、引き寄せられる腕を、頬をくすぐる吐息をもう拒めない。
浅ましいこの唇が愛を強請る前に、どうか世界よ、私の心を狩ってくれ。

【愛してると突然言われたら】
(診断メーカーhttps://shindanmaker.com/587661を元ネタにして加筆してみましたー)

できましたら年内にもう一度皆さまにお目に掛かりたい…!
こんばんは!ご無沙汰しております、六花です。

うわぁぁんありがとうございますー!!!・゚・(*ノДノ)・゚・

おめコメさん頂きましたーーー!
お手紙到着順にげんさん、ほっちさん、mukugeさん、りばさん!
すんごごごごく嬉しかったといいますが今も嬉しいです。本当にありがとうございます!
もうっこんなに暑いのに、皆してこんなに私をあったかくしてどうしようって言うんですか!?
あああ繰り返して読んでます。嬉しい…どうしようめためた嬉しい…!
こんな…素敵なおめでとうを頂けるなんて…!!
ほっちさんはサイト開設おめコメさんまで届けてくださって…(゚´ω`゚)っ



改めましてお礼とお礼豆トンSSを書きたい!です!
ずっと書きたかったネタがありまして、
・(なんやかんやあって)ピダムと同衾してドキドキして震えちゃうトンマンの話
・好きな人と××しないとネコになっちゃうベタな呪いを掛けられたピダムの話
のどちらかを仕上げたいなと思っています。
どちらもシリアスになりそうで、なんとか回避してます。(でないと無駄に長く…

んんんどっちも言うだけタダみたいになりそうな現状です。
ちょっと母の具合が芳しくなく、私の方も体力が続かなくなってきています。情けない…
でも気持ち的には書きたい!ってずっと思ってるんですよー💦

続きからは別離間にピダムが見た白昼夢的なお話です。
話が進んでゆくうちにトンマンが成長した姿になってる…という読んでくれる方の想像力に頼りきった豆トンですw


では改めまして、げんさん、ほっちさん、mukugeさん、りばさん!
本当にありがとうございましたーーーー!!!!

... 続きを読む
出遅れた感満載ですが、ヨウォンさんが無事にご出産を終えられたとお聞きしてとっても嬉しいですー!!!
796F6617-B7D4-409B-A6F1-C6F66CE564EC.jpg
うわぁぁん母子ともにご無事で本当によかった…(゚´ω`゚)
ほっちさん、ありがとうございます!

最近は更新がなくて本当にすみません。豆トンも佳境となる部分、頭の中ではできているのですが…。
なかなか時間が取れないうえに遅筆でして、待ってくださってる方には申し訳ないです。どうしても大人表現が入ってしまうとこでもあり、がっつり入り込んで仕上げる予です。


4oqwh3RglODVRRr1432567044_1432567128.png
「……どうしてここに鬼の面」
「あぁそれ、あなたを待ってる間、それで遊んでたの」
「これでか?」
「うん。これがルールだって持ってきてたみたいでね、さっきまでそれ被って隠れ鬼してたの」
そうして「してたのー」という舌っ足らずの合唱。
ぴょんぴょん跳ねる身体をそのままに、母を背にした子どもたちは父へと無言でサムズアップ。
よくやったとばかりに頷いた彼は、小さな頭を順に撫でゆく。その父子の姿に母である女性の笑みが増々深くなる。
だが彼女は知らない。
その面のおかげで軟派な男たちから声を掛けられなかったことを。
その面を意図を持って用意したのが、この愛らしい子どもたちであったということを。
そして我が子皆がみな、目的を達成した素晴らしいドヤ顔をしていたことを。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。